NEWS

2020.05.19

【代表の小松﨑が「神戸淡路鳴門地域等周遊観光に関する事前カンファレンス」にてインバウンドの有識者として参加】(2020年5月19日)

弊社代表小松﨑が、本州四国連絡高速道路株式会社様からご依頼をいただき
「第2回神戸淡路鳴門地域等周遊観光ワークショップに向けた事前会議」にて
インバウンドの有識者として参加いたしました。(オンラインでの開催)

「第2回神戸淡路鳴門地域等周遊観光ワークショップに向けた事前会議」では、
大阪、神戸、淡路島、徳島、瀬戸内に関係される
観光協会、自治体、DMO、国営機関、観光事業者の方々が参加されました。

欧米豪・台湾等をターゲットとした広域周遊活性化や
「淡路島におけるサイクリングの魅力度向上による広域周遊活性化」
「明石海峡大橋インフラツアー・ライトアップの魅力度向上による広域周遊活性化」を議題として、
地域観光の活性化に取り組まれている皆様とディスカッションを行いました。

現在のインバウンドマーケットにおける課題として、
「団体の受け入れができない中小規模事業者がインバウンドによる恩恵を享受できていない」
「団体旅行に依存した体制から脱却できず旅行会社との商談時、
仕入れ条件等々で対等な交渉ができていない」ことを挙げ、解決策をご提案しました。

ポストコロナのインバウンドマーケットについて、
以下のポイントについて発言させていただきました。

1、「団体」から「個人」へ
元々傾向のあった団体旅行から個人旅行へのシフトが加速し、FITに向けて情報発信をする必要がある。
同時に各事業者がガイドラインに沿ってどのような感染症対策をしているのかについても
情報発信をする必要がある。

2、「インバウンド」は意外と早く戻って来る
今後の観光マーケットの見通しとして、まずは近隣の観光、
その後首都圏など遠方からの国内観光、次にインバウンド、というステップを
踏んで行くことは確実だが、意外と早くインバウンドが戻って来る可能性がある。

3、訪日リピーターへアンケート「次回いつ日本に行きますか?」
弊社が運営する訪日リピーターコミュニティ【JAPANCOLLECT(ジャパンコレクト)】にて
「次回あなたはいつ日本に行きますか?」という緊急アンケート調査を実施した結果について。
アンケート調査の結果、予想よりも早く訪日観光客が戻ってくるのではないかという見解にいたりました。

4、コロナ後も変わらず一番のお客様「訪日リピーター数No1の台湾」
タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドのビジネス関係者に限った入国拒否緩和が
検討されている中、観光においては、訪日ヘビーリピーター数No1の台湾が
最初に戻ってくることが想定される。

5、ポストコロナのインバウンド、課題は「受入側のマインド」
課題のひとつに日本の受け入れ側のマインドが落ちている傾向があり、
近隣の日本人であっても自分の地域に来てほしくない、外国人を受け入れたくない、という声も多い中、
予想よりも早く訪日観光客が戻ってくることにより、
再びオーバーツーリズムなど様々な問題が生じることが懸念される。

広域周遊活性化に向けたモデルコースのポテンシャルの高さに期待するとともに、実現に向け、
二次交通などの受け入れ体制の整備とターゲットを絞った深い調査リサーチ、
ブラッシュアップを実施していきます。

主催の本州四国連絡高速道路株式会社様、神戸・淡路島・徳島のみなさまありがとうございました。

イントゥでは、ポストコロナの観光マーケットについて、さまざまな角度から調査リサーチを実施し、
考察した結果を踏まえた観光コンサルティングを実施させていただいております。
日本の観光マーケットの一日でも早い回復のため、引き続き調査・考察を進めてまいります。

観光コンサルティング・セミナー・記事執筆等のご依頼は担当者までお問い合わせください。

観光コンサルティング事業資料はこちら
https://service.honichi.com/services/in2-consulting

株式会社iNTO(イントゥ)
【観光コンサルティング事業】担当:山﨑
https://www.in2jp.com/
Mail: info@in2jp.com TEL: 03-5544-8674

 

グローバルマーケティングのことならiNTO(イントゥ)にご相談ください。

サービス・実績資料請求

facebook