事例紹介

中国映像コンテンツとのタイアップ事例(北京・上海を中⼼とした中国全⼟)
⽇中合作映画「初到東京(東京に来たばかり)」タイインプロモーション

クライアント名:⼤塚製薬、ドン・キホーテ

⽇中合作映画「初到東京(東京に来たばかり)」タイインプロモーション

2012年⽇中友好40周年作品として制作された、⽇中合作映画「初到東京(東京に来たばかり)」(ジャン・チンミン監督主演︓倍賞千恵⼦)への⼤塚製薬とドン・キホーテ社とのタイインプロモーションコーディネート。

ポカリスエットの劇中へプロダクトプレイスメント、完成披露記者会場でのサンプリング、公式weiboでの情報発信、ドン・キホーテ社クーポンブックを全国5⼤都市で⾏われた試写会で配布などを⾏った。

特にポカリスエットについては当時中国地⽅都市では知名度がなく、⼩売店の取り扱いも皆無に等しかったが、本事業をきっかけに知名度が⾼まり、地⽅での取り扱い、販売拡⼤につながった。

目的

  • ポカリスエット中国地方都市へのブランディング、ドン・キホーテ訪日客店舗への誘客

結果

  • 31都市3,000スクリーンで公開されCCTVをはじめ、100を超える多くの中国メディアで報道された。
  • ポカリスエットのブランド認知向上により、特に地方都市での営業窓口開拓につながった。
  • ドン・キホーテのクーポン配布で店舗への送客につながった

グローバルマーケティングのことならiNTO(イントゥ)にご相談ください。

サービス・実績資料請求

グローバルマーケティングのことならiNTO(イントゥ)にご相談ください。

サービス・実績資料請求

facebook